離婚準備と財産分与

離婚というものにはそのやり方によって分類され、それらの一つが協議離婚です。離婚する事自体、親権者をどちらにするかに二人で了解していて、市町村役所へ離婚届をだせば成立するのが協議離婚です。大部分の方がこちらの方法ですが、注意しなくてはいけないポイントがあります。財産分与等についてきっちりと決める事が大切になりますが、書類にしないで終えると、決定したたお金が払われない等というような厄介事がおきます。書面にしておくことがポイントですが、法律的拘束力を持つ公正証書を作るといった事も検討できます。 家を所有しているときにはどういう分割方法で財産分与を行うか明確にしておくようにしましょう。たとえば、ローンが完了していないときは、二人のうちどちらが居住するのか、誰がローンの返済の残りの金額を支払うのか等、きちっと文書に残す事が秘訣です。相手方が支払いの残債を払い、自分が生活するケースなどは相手がローンを支払わないまま放っておくとごたごたになります。持ち家の名義が二人の共同名義であるのであれば、どちらかひとりの名義に統一しておくか、処分してしまう事もありです。

離婚準備で家を売る
離婚する際に問題となるのが持ち家の問題です。どちらかが居住することも可能ですが、家を売って財産分与するという方も多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ