就職情報誌の利点

就職情報誌の利点は、地域に密着した求人情報が手に入る点にあります。
転職先企業の条件に、最寄り駅から乗り継ぎなしで通勤可能という点を加味した場合、地域密着な情報が必要になります。
通勤時間を取りすぎたくない場合やバイク通勤で通える範囲の仕事を得たいという場合、就職情報誌で近隣地域の求人情報を探すといいでしょう。
雑誌による就職情報の場合は、急な欠員を補うための人員募集をしていることが多いので、書類選考が省かれる場合が少なくありません。
情報誌を見て電話をかけたところ、その場で面接日時を指定されることもあるようです。
会社の状況によっては、すぐに勤められる、現時点で別な会社に勤めていない人の方が採用されやすいということもあるでしょう。
現在、仕事をしている人の場合は、応募する際に電話口で確認した方が良いかも知れません。
ネットでも求人情報は収集できますが、求人雑誌は定期的に情報が更新され、特に地元の情報が豊富です。
雑誌からの求人の傾向には、日程の関係上締め切りが早めに決まっていることがあるようです。
就職情報雑誌が並んだら直ぐに問い合わせてみるのも、採用を勝ち取るために大切なポイントでもあります。
1つの地域に対して複数の就職情報誌があるとしても、その内容は一律にはなりません。
就職情報誌から情報収集をする場合は、最初から一誌に決めてしまわず、数冊の情報誌から様々な求人情報を集めて条件の合うものを探す方が、いい情報に巡りあえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ