転職に有利な資格の条件

仕事に使える資格を取っておくことで、転職活動を有利に進めることができるのではないでしょうか。
転職活動の時、履歴書に資格を記入する欄があります。
採用担当が必ず見る場所ですが、たくさん埋めればいいというものではありません。
持っている全ての資格を記載するという決まりがあるわけではないので、選んで書くことも時に大事です。
全く畑違いの資格を数多く持っている人に対しては、採用会社側は、自分の会社をなぜ希望したのか不思議に思うこともあります。
簿記の資格を持っている人が営業になりたくて転職をしていたのに、結局、経理採用で就職することになったというエピソードもあります。
会社によっては、資格に挑戦するという姿勢そのものを積極性と表れと見なすところもありますので、たくさん書いた方がいいこともあります。
アピール出来ない事をとりあえず書くような、安易な履歴書を提出しないようにしましょう。
また、転職活動の時は、求人企業が資格だけで人を見ていないことも知っておきたいものです。
資格だけでは十分な自己PRにはならない様です。
経験の有無を重視する会社も数多くあります。
転職者を採用する場合には、少なくとも1年~3年の経験を積んだ人を探すようです。
転職したいと考えている企業が求めている資格や経験はどのくらいなのか前もってリサーチすることが必要です。
人事担当者が採用したいと考えている人物像をイメージできることが必要です。
資格を生かして転職を有利にするめることができると良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ